キーブログ

毎日の雑学を

【猫の臭い】原因と対策は?

投稿日:

猫は臭わない聞いたのに、何だか臭うなーと感じたことはありませんか? 実は猫に体臭というものは本来存在しません。猫は狩りをする生き物で、自身の臭いを消して狩りをします。

臭いを消す行動としてグルーミングという行動があります。猫はよく自分の毛を舐めていますよね? あの行動をグルーミングといいます。普段からグルーミングを怠らないことで自分の体臭を消し、太陽に当たることで唾液のついた毛で殺菌しているのです。

猫の臭いの原因は?

1.肛門腺付近から臭う

猫はマーキングを行う際、肛門付近からかなり臭い分泌液を出します。外出をしない猫はマーキングをする必要がないために分泌液を出さず、そのまま溜め込んでしまいます。

そしてある時に分泌液が漏れてしまって……ということがあります。また、排便時に分泌液を出せない猫もいるので、定期的に私達が肛門腺の分泌液を絞り出してあげる必要があります。

2.部屋中が臭う

猫がいつもトイレする場所を定期的に掃除をしていますか? 猫が用を足せばすぐに片付けてしまいましょう。難しいようでしたら、一日一回でも。
猫が排泄物に砂を掛けたりするのは、臭いを隠すためです。

そのまま溜めてしまうと猫がそこでトイレをしなくなり、そこら中ですることになる可能性があります。さすがにマズいですよね(笑)。できれば、一日一回。猫のためにも、自身のためにも取り換えてあげましょう。

猫の臭いの対策

1に関しては、動物病院に行くことをオススメします。個人で肛門腺を触ると猫が嫌がってかなり暴れる可能性があります。プロの獣医なら手慣れた手つきでやってくれます。動物病院に行く理由は他にもあり、病気の可能性も考えられるためです。

2は上記の通り、一日一回は変えましょう。これだけでも大分違います。猫にアレルギーの無いお客さんが家に上がっても、臭いがあれば顔をしかめてしまいますからね。

ペットの臭いをノンスペットでしっかり消臭・抗菌←グッズなどはコチラから

これだけでも、臭いを予防することが出来ます。臭いに心辺りがない時は、必ず動物病院に行きましょう。

-
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

猫の抜け毛で悩む人! 掃除のコツを紹介します

こまめにブラッシングしていても、そこら中に猫の抜け毛だらけになってしまった経験ありませんか? 猫の抜け毛をそのままにしておくと不衛生やアレルギーの原因になります。とはいえ、抜け毛の掃除はかなり苦労しま …